忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
麦わらをかぶったネコ
性別:
女性
自己紹介:
ご飯食うならアキバで食え!
お問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします。
dtpmaster10@hotmail.com
konozamaとは言わせない
只今、応援中!
【スズノネセブン!】情報ページ公開中!

『Flyable Heart 応援中!』

戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中!
PR

こころちゃんもよろしく
バナー
banner.jpg

萌え?電化製品?サブカルチャー?否っ!! 秋葉原は食の街だっ! 日本国民全てが「腹へったなぁ、飯どこにする?」「うーん。とりあえずアキバいっとく?」てな感じになるまでがんばるよっ!!
No.46 No.45 No.44 No.43 No.42 No.41 No.40 No.39 No.38 No.37 No.36
2017-07-22(Sat)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009-01-21(Wed)
カップラマイスター
みんなも良く食べるカップラーメン。毎週毎週新商品が発売されては消え
消えては発売されています。

本当にこれでいいのだろうか…。
新商品といってもどこかで食べた味だったり、不味さの極限にたどり着いたような
商品ばっかりではないだろうか

カップラーメンの第一人者として名高いあたしは
このカップラーメンのインフレ状態に警鐘をならすべく、
カップラマイスターとしてブログ介入する!


死にたくなければ押せっ!!







一週間で最低でも3つのカップラーメンは食べてるあたし。
病気一歩手前かもしれません。
しかし、このくらいでなければカップラマイスターの資格はないっ。

ということで最近食べたカップラーメンをご紹介します。
総合評価で、☆5が最高。逆に★はマイナス評価。
★5なんていったらもはや人間の食べるものではありません。
まさかこんな記事を書くとは思ってもみなかったので、商品名やメーカー名はあやふやです…。



商品名カレー味噌バターラーメン
メーカー:覚えてません
評価★★
コメント
カレー+味噌という新しい組み合わせだったのにも関わらず、味噌の風味は皆無、ただのカレーラーメンでした。
さらに、このカレー自体がとても不味い。B級グルメをなめるのにもほどがある。
しかもちょっとトロみがあるのが不味さに拍車を掛けている。粉っぽすぎて手におえない。
出直して来いって感じ。


商品名どんべえ こくみそ豚汁うどん
メーカー日清
評価☆☆☆
コメント
さすがどんべえブランドを語るだけのことはありますね。
最低でもどんべえ。最高でもどんべえでした。
豚汁うどんは前々からあったものの、不評だった前作からさらに豚汁っぽさを追求し
全く別のカップラに仕上がっています。容器の形態も従来のどんぶり型からカップ型に変更し
見た目もまったく別のカップラに。メーカーのこくみそにかける思いが感じられます。
前作がお嫌いだった方も一度お試しください。


商品名ながさきちゃんぽん(?)
メーカー:(?)
評価★★★★
コメント
出ました。食べているだけで気持ち悪くなる系カップラーメン。
カップラーメンの味はスープ以外に決めてはないけど
このスープが生臭い。後入れの風味油と相まって地獄のハーモニーを奏でます。
自殺しようとする人がこれを食べると思いとどまると言われている一品。(悪い意味で)


商品名くじら軒のカップラーメン
メーカー:?
評価★★★★
コメント
気持ち悪くはならないけど、二度と食べたくなくなる系のカップラーメン。
カップラーメンはラーメンではないということが理解できない人間の作ったカップラーメンですね。
これほどひどいカップラはそうそうない。
お店の売上にも影響がでそうな一品。


あたりのカップラにめぐり会う確率はかなり低いです。
自分の健康を犠牲にしてあたりを探すのがカップラマイスター。
カップラーメンの革新まではまだまだ遠いようです。


こんなあたしを応援してくださいっ!
PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    TRACKBACK
    • この記事のURLとトラックバックURLです。
    • 必要に応じてご使用くださいませ。
    この記事のURL▽
    この記事のトラックバックURL▽
    No.46 No.45 No.44 No.43 No.42 No.41 No.40 No.39 No.38 No.37 No.36

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]